墓終いについて詳しく説明します

最近では少子高齢化に伴い、墓の後継ぎがいないので、永代供養の墓を希望するという人が多くなっていますが、それと同時に墓を解体、撤去する墓終いの形を選ぶ人も増えています。これには、墓を移転する場合と、遺骨を散骨の形にして墓自体をなくしてしまう場合の2種類がありますが、どちらの場合も改装許可の手続きが必要になってきます。ただし、最近ではこれらの手続きを代行して、このような墓の処分をやりやすくしている代行業者も登場しているので、それほど手間がかかるという訳ではありません。ここでは、このような場合に、どのような流れになるかということや、墓の移転や撤去を行う際にどんなことに注意するべきかということについて、参考になるような情報を買いていくつもりです。

墓を移転する場合の流れについて

墓終いを行う理由として、墓の移転が挙げられます。この場合は場所的にお参りがしやすいところに墓を移す場合と、後継者がいなかったり子供や孫に負担をかけないように永代供養墓に移す場合があります。ここでの流れは、まず墓地の管理者に連絡して墓を処分したいという希望を伝え、了承を得た上で魂抜きを行い、遺骨を取り出した後、墓の開眼供養をして、石材店に墓石の解体、撤去を行ってもらう、というようなものになります。そして、ここでは墓の移転先に「受け入れ証明書」を出してもらい、現在のお墓の管理者には「埋蔵証明書」か「改装許可申請書」を書いてもらって、この2つを改装元の自治体に提出し、ここで受け取った「改装許可証」を新しいお墓の方に提出して納骨手続きを行うことになります。

遺骨を散骨にする場合もあります

墓終いでは、遺骨を他の墓に移すだけでなく、これを散骨の形にして、墓を完全に閉じるという場合もあります。この場合は、散骨に関しては許可や証明書は不要ですが、今までの墓の処分に関しては墓を移転するときと同じようなことをする必要があるので、できるだけ早く現在の墓の管理者に墓の処分を希望しているということを伝えて、感情を害さないようにすることが大切です。また、墓を処分する場合には、親戚にも事前に伝えて、納得してもらうようにしておくこともお勧めします。以上のように、墓終いには必要な流れや注意点はありますが、それでも無縁墓を作らずに、墓に関してきちんとしたけじめをつけられる、という利点があるので、この方法を利用する人は今後も増えていくことが予想されます。