墓終いについて考えた方が良いこと

お墓は先祖代々受け継いで行くものであり、継いでくれる人がいないと管理が出来ず無縁墓になってしまう恐れがあります。核家族化や少子高齢化が急速に進んでいる現在、無縁墓になる可能性があるお墓を所有している人が増えています。その人たちが故人との思い出や繋がりを従来の形のお墓である必要はなく、他の形で供養することなどを考える人が増えました。お墓があることでかかる費用などの負担や檀家として行わなければいけないことの負担なども考えないといけないので、今は良くても将来退職後や子供や孫の負担を考えると墓終いという選択をする事が増えています。墓終いを行おうとする時にはお墓の閉め方やその後の供養方法など、決める事が意外と多いので事前に調べておいたほうが安心です。

墓終いの具体的な方法や流れの決め方

最初に決めなければならないのは、お墓に納骨されている遺骨の行方をどうするかです。いつくかのお墓をまとめて別のお墓に移す方法や、永代供養や本山納骨、散骨や樹木葬などの方法から選択することが出来ます。その後お寺に伝える必要がありますが、この時お寺に引き止められトラブルになる事もあるので早めに伝えた方がスムーズに行う事ができます。次に墓石撤去の業者を決め、閉眼供養の日程を決め、改葬許可書をお墓のある場所の市町村の役所から発行してもらいます。この改葬許可書には現在のお墓の管理者であるお墓の判子が必要なので、事前に押してもらうようにしてください。そして閉眼供養と遺骨の取り出しを行って終了ですが、手続きの手間以外にも数十万程度の高額な費用がかかることもあるので用意しておく必要があります。

墓終い後の遺骨の納骨方法の種類

最近一般的になってきた納骨の方法として人気の永代供養は、寺院や霊園などが永代にわたって供養や管理をしてくれるお墓のことです。納骨の際に1度使用料を払うと管理費がかからないところが多く、今までのお墓のイメージとあまり変わらない納骨方法でありながら今後の負担を抑える事ができます。本山納骨は永代供養とよく似ており、宗派の本山に合同で納骨します。樹木葬では墓石の代わりに木の下に納骨する方法で、自然に帰ることができるので人気が出てきています。散骨も自然に帰ることの出来る方法で、故人の思い出の場所に納骨出来たり管理するものがないので負担は減るなどのメリットがあります。しかし骨の形状が残ったままでは散骨出来ないので、骨を細かく粉状にする粉骨を行わないといけません。