墓終いについて知っておきたい豆知識

近年、少子化と地方の過疎化によって、先祖代々の墓を維持する事が困難となり、故郷のお墓の遺骨を、墓参りが楽な居住地に近い墓地や永代供養墓や納骨堂に移されるケースが増えています。そんな墓終いが増えるにつれ、墓地のあるお寺から高額の離壇料を要求される事が社会問題化しています。遺骨の埋葬を移す際には、受け入れ先と元々埋葬されている墓地から証明書をもらい、それを持って役所で遺骨を移す事に対する許可をもらう必要があります。この元々埋葬されているお寺さんから埋葬されている事の証明をもらう時に、高額の離壇料を要求される事が稀にあるのです。そもそもこうした離壇料は法的に支払う義務があるのか、また墓終いを行う際にどんなお金をお寺さんに支払うのが妥当なのかを知っておくと便利です。ここではこの離壇料に関する豆知識をお伝えします。

離壇料は法的に支払う義務があるのでしょうか?

現在の墓地を引き払う際には、これまでのお礼の意味を込めてお墓を管理するお寺さんにお布施を払う習慣があり、これを離檀料と呼ぶ事もあります。お寺さんは、墓地に埋葬されている檀家の方からのお布施が大きな収入源であり、実情が理解できていても遺骨が移され、檀家が減少する事を余り快くは思わないものです。これはお寺さんの心情としては理解できる部分もあります。しかし、中には離壇料として数百万円と言った高額を要求される事があり、これがトラブルの原因となっているのです。そもそも法律的には、墓終いの際に、支払うべき離壇料を記載した契約を取り交わしている場合は、支払う必要性も生じますが、一般にこうした契約を交わしている事はなく、離壇料を支払う法的な根拠がないのが普通です。従って高額な離壇料の支払い要求に応じる必要はないと言えるのです。

感謝の意を込めた適切な離壇料やお布施を支払えば十分です

先に記したように高額な離壇料の要求に応じる必要はありません。しかし長くお世話になったお寺さんに対しては、やはり墓終いに当たって適切な離壇料やお布施を感謝の意を込めてお支払するのは、法律面は別にして、常識的な範囲なら良いでしょう。その目安としては、離壇料を要求されない場合には、今までのお礼の意味を込めて閉眼供養のお布施と合わせて10万~20万円程度を包むのが一般的とされています。また、お寺さんから離壇料として支払いの要求がある場合には、先の金額と同様の10~20万円程度の納得できる金額なら、支払った上で、閉眼供養のお布施は別途3万円程度とすれば十分でしょう。もし万が一、高額の離壇料を要求されて困るようなケースに遭遇すれば、支払う前に行政書士等の専門家を代理人として立てて交渉してもらうべきでしょう。