墓終いについて知っておきたい基礎知識

年を重ねるとお墓に墓参することも難しくなってきます。足腰が弱ってくれば通うのも億劫だし、だからと言って花も替えないでそのまま放置するのではご先祖様に申し訳が立たない。子供は仕事と家庭のため故郷を離れて家庭を持っており管理を任せるのも気が引ける。現在ではこのようにお墓の管理や次の代への承継について問題を抱える方が急増しています。このような悩みは何も子供がいる場合に限ることではありません。単身者のまま生涯を送る場合でも自分に万一のことがあった場合、お墓の管理をどうするのかは切実な問題であることに変わりはありません。このような事例の増加を背景にして墓終いへの関心が高まりつつあります。墓終いと一口に言っても、そのやり方にはバリエーションがあります。

墓終いの大体の流れはどうなっているの?

お墓を動かす場合、改築と改葬の2つに分けられます。改築は朽ちた墓石を新しい墓石に新調することです。改葬とは故郷のお墓を別の墓地や永代供養碑などに移すことで、墓終いは後者を指すことになります。改葬は祭祀承継者がいない場合のほか、次代の承継者の住所変更に伴い実施されることもありますが、作業は墓石の解体処分に始まり、遺骨の取り出し、転居元と転居先の両方を管轄する市役所へ必要書類を提出することで完結します。行政手続きは引っ越し先の墓地の管理者から受入れ証明書を発行してもらうことから始まります。現在墓地からは埋葬証明書を発行してもらいます。引っ越し先が確定して埋葬の事実も証明されて初めて市役所に改葬許可証の発行申請を行います。改葬許可証を現在の墓地管理者に提示して、やっと遺骨を取り出すことが出来ます。

現在は、お墓の将来のことも考えておくことが必要な時代

取り出した遺骨は、引っ越し時に魂抜きの法要を執り行うことになります。改葬先の墓地では改葬許可証を提示して、新しいお墓に納骨されます。納骨の際に開眼供養と納骨法要を行いようやく改葬手続きは完了することになります。この様に改葬手続きは墓石の撤去と言った事実行為と面倒な役所先への書類提出など多方面で処理すべき事項がありある程度時間的余裕をもって行う必要があります。これまでは一般的な墓しまいの概要をお話ししましたが、これ以外にも個人の事情に応じた改葬方法があります。生涯単身者の方や世継ぎがいない場合には改葬しても結局は無縁墓になる可能性が高いので改葬先を合同の永代供養碑にする場合もあります。少子高齢化がさらに進むことを考えれば、自分の死後のお墓のありようを余裕のあるうちに決定しておくことも、これからの生活では必要な判断と言えます。