おすすめの無添加のキャットフードの選び方

愛猫の健康のためには、安心して与えられる品質の良い無添加のキャットフードがおすすめです。危険な合成添加物を含んでいないため病気のリスクを減らすことができ、猫の健康に配慮した優れた栄養バランスが魅力です。安心して与えられる無添加のフードですが、より猫の嗜好や体質に合ったフードを選んであげることで、愛猫に豊かな食生活を与えてあげることができるのです。フードの主原料に使われているタンパク源には、肉類と魚類が使用されています。フードを選ぶときは猫がより好む食材を選びますが、フードのなかには何種類かの肉を合わせて使用されているタイプもあります。肉類の牛肉や豚肉にアレルギーが出てしまう猫もいるのです。アレルギー原因になりにくい低アレルゲンの肉として鶏肉やラム肉があげられますが、猫の嗜好や体質によっては違いがあるのです。アレルギーに敏感な猫のフードを選ぶ場合は、主原料に含まれる肉類の種類を確かめておきましょう。

愛猫の体質に合わせ、フードに使用されている食材をチェック

無添加のフードは使用されている原材料の品質が良く、栄養バランスも配慮されているため、比較的アレルギーを発症しにくいフードですが、猫それぞれの個体差はあるのです。本来肉食の猫は、穀類の小麦やトウモロコシにアレルギー反応が出てしまうことが多いとされています。アレルギーに敏感な猫には穀物を使用していないグレインフリーのフードを選んであげましょう。グレインフリーのフードにも、全く穀類を含まないフードと栄養バランスに配慮してアレルゲンになりにくい穀類を少量含むタイプがあるのです。アレルギーをもつ猫には、一切穀類を含まないフードを与えてみましょう。症状が深刻な場合には、アレルギー治療用の低アレルゲンの療養食フードを選びましょう。太り気味の猫には、ダイエット効果があるフードを選んであげましょう。しかし、栄養のバランスが崩れていては意味がありません。主原料の肉類のタンパク質と脂質のバランスが大切なのです。理想的なバランスは、タンパク質3に対して、脂質が2の割合が良いとされています。タンパク質と脂質をバランス良く含み、低炭水化物のフードを選んであげましょう。

愛猫それぞれに合わせた、栄養バランスのフードを

添加物を含まないキャットフードを選ぶときは、愛猫の年齢ごとに合わせた栄養バランスのフードを選ぶこともポイントです。子猫や老猫に合わせて、必要な栄養をバランス良く含むフードを選んであげましょう。成長期の子猫は高タンパク、高カロリー、主原料に新鮮な質の良い肉や魚が使用されているかが大切です。子猫の成長に大切なビタミンをミネラルも豊富に含まれるフードを選びましょう。消化吸収能力が落ちている老猫は低タンパクで腎臓の働きを抑えることも重要ですが、タンパク質の質も大切なのです。質の良いタンパク質は消化器官に負担をかけず、効率良く栄養を吸収することができるのです。そして、エネルギーになる脂質が適度に含まれていることも大切なのです。添加物を含まない質の良いキャットフードは消化器官への負担が少なく、内臓に負担がかからないとされています。消化吸収に優れる無添加なキャットフードは、子猫には勿論、老猫の健康維持するためにも安心して与えることができるのです。