墓終いについて詳しく解説します

お墓詣りをしたいと思っていても、居住地が遠隔地にあってなかなか出来ないという方は少なくありません。少子化や宗教に対する考え方の変化などの要因で、お墓を管理する人材不足が問題になっています。中には誰も管理する人がいなくなって荒れ果て無縁墓となってしまうケースも増えています。自分の世代で先祖代々のお墓を終うのは心苦しくとも無縁墓となる前に手を打つ方がよりよいと言えるでしょう。墓終いによって取り出された遺骨は、公営墓地などへ合祀されるか、海などに散骨されるケースも増えていますが、近年永代供養墓というシステムも人気です。最初に一括で管理を支払うことで、長きに亘ってお寺に完全に供養をおまかせ出来る方法です。初めの期間は個別に納骨堂などに納めてもらい、後に合祀とすることも可能です。

墓終いを行うための具体的な方法をご紹介します

墓終いを行うことを決めたら、まず初めにすることは家族や親戚の人たちに連絡を取ってご自分の意思を伝えることです。お墓への思いは人それぞれなので、勝手に進めてしまうと後にトラブルになる事も珍しくありません。現在お墓の有るお寺に出向き、ご自分の意向を申し出て、「埋葬証明書」を発行してもらいます。遺骨を再び他の墓地などに埋葬する場合では、受け入れ先の「受入証明書」も必要です。現在のお墓がある自治体の役所に行き、改葬申請所に必要事項を記入して揃えた書類とともに提出します。申請が通れば「改葬許可証」を入手出来ます。この書類によってお墓から遺骨を出すことが可能になります。お墓では閉眼供養をする場合もあります。石材店に依頼して墓石の撤去を行い更地にします。遺骨を他の場所に埋葬しなおす場合には、改葬許可証と遺骨を持って出向きます。

墓終いをした後の遺骨の扱いとよくあるトラブル

お寺にとってはお墓を整理し氏子を減らすことは収入源に繋がるため、離檀料を取られることがあります。場合によってはトラブルとなる事もありますが、今までの供養に対する感謝の思いがあれば多少の譲歩は必要です。お墓から取り出した遺骨は時代によっては火葬されていないものがあり、それ以外にもカビや細菌が発生している場合があるため、うかつに触らないようにしましょう。その後に自宅で手元供養をする場合などでは洗浄などのメンテナンスが必要となります。様々な煩雑な手続きや交渉があるため、自分だけで実行するのが難しいとお考えでしたら、自治体や御世話になっているお寺、石材店などに相談してみることをお勧めします。自治体によっては墓の撤去費用の一部を助成してくれる場合もあります。